マンション1棟買いのメリットとは【収益性が非常に高い】

不動産

サブリースで家賃保証

紙幣

マンション経営で入居者が少なくなると収益が発生しないので、入居者を増やす必要があります。しかし、時代の変化などで入居者が少なくなるとどうしても自分の力では集客ができなくなります。毎月の支出が収入より上回るようであればマンションを売却して、まとまった収益を得ることもできますが、トータルで損失であればマンション経営に失敗ということになります。どうしても継続的な収入を得たいなら、一括借り上げを利用すると良いでしょう。一括借り上げは不動産会社にマンション管理の全権を譲る代わりに、定期的に家賃収入を得られます。普通の家賃収入と比べて数割しかもらえませんが、毎月定期的にもらえるので得する場合が多いです。空室の心配をせずに毎月家賃収入を得られるのはメリットしかありませんし、管理費も手間もかかりません。建物の定期メンテナンスの修繕や入居者も募集などもしなくて良いので、自動的にリスク無く収益が発生するといっても良いでしょう。しかし、家賃の値下げをしたり不動産会社が倒産してしまうと一括借り上げによる損失が発生します。自分が設定したい家賃があってもマンションの全権を譲ってしまっているので、こちらから家賃を設定できません。また、不動産会社が倒産してしまうとその分の負債を背負う形になります。トラブルを引き起こしてしまう可能性が高い一括借り上げですが、一括査定をして良い不動産会社を探すと良いでしょう。業者に依頼すると最短1分で一括査定してくれます。

Copyright© 2016 マンション1棟買いのメリットとは【収益性が非常に高い】 All Rights Reserved.